日本人男性の平均のペニスのサイズ

日本人男性のペニスのサイズの平均は大体12センチから14センチです。これは何の調査によってわかるかというとメソッドオールという組織によるインターネットでのアンケートです。

 

1500人というかなりの数に調査したアンケートなので、それなりに信用していいでしょう。実際、確かにほとんどの男性のペニスのサイズはこのくらいだなというのが実感値としてあります。

 

 

平均の太さはどのくらいなのか

 

 

次に長さだけでなく太さも見てみると、横幅は大体4センチというのが平均のようです。正確には3.9センチということですが、亀頭部分になると4センチとなります。亀頭と竿の部分の差がずいぶん小さいと思われるかも知れませんが、どうやらこれが実態のようです。

 

となると、日本人男性の大部分が仮性包茎というのもうなずける話です(亀頭が小さいと勃起が終わった後包皮が戻ってしまうので、仮性包茎になります)。

 

 

大きいサイズの人はどのくらいいるのか

 

ちなみに、この調査では18センチを超える大型のペニスを持つ男性が6パーセントの確率でいたそうです。インターネットでの調査なのでどこまで確かかはわかりませんが、それでも全体の統計を見るとまともな数値ですから、おそらくほとんどの男性がまともに答えているでしょう。それでこれだけのサイズの人が6パーセントいたというのは驚きです。

 

 

その人たちはどのようにして大きくなったのか

 

 

たとえば長茎手術をすると2センチ〜5センチ長くなると言われています。ペニスのサイズの平均が14センチで、そこから5センチ大きくなったとすれば、確かに18センチは十分あり得ます。この単純計算の場合、19センチもあり得るということですから。

 

しかも元のサイズの14センチというのはあくまで平均なので、15センチという男性もいるでしょう。そこに手術をしたら、確かに18センチは超えそうです。

 

 

ペニス増大サプリメントでも十分そのレベルになれる

 

 

6パーセントの男性がこのような手術を受けているとは思えません。手術は高いので、受けられる男性は2パーセント程度でしょう。となると、推測で残り4パーセントの男性はペニス増大サプリメントなどによってこうした大型ペニスを手に入れたと思われます。

 

生まれつきというのはあまりに数が多いので、おそらくこうしたサプリメントなどによって大きくしたとかんがえる方が自然でしょう。ペニス増大サプリメントに興味がある方はぜひ参考にしていただけたらと思います。